基本がわかりにくい競技 卓球 | 『卓球三昧・卓球教室』 東京都 高田馬場・池袋の卓球場

基本がわかりにくい競技 卓球

今日は。

卓球三昧の藤井です。

唐突に、卓球の基本は?と聞かれ、自分なりの考えを説明できる方は稀だと思います。

今日は、なぜ卓球の基本はわかりにくいのか?について書きたいと思います。

前回のブログで書きましたが、最近スケートにハマっています。うまく滑るためにはのキーワードは、体幹・肩甲骨・股関節です。

体幹を固めるためには、胸を張りお尻を出し背中にアーチを作ります。この姿勢を維持すると、肩甲骨と股関節が緩み四肢を自由に動かすことができます。

サッカー・ランニング・卓球・スケート・スラックライン・BMX、どのスポーツにおいても、プロと呼ばれる人たちは姿勢が綺麗です。そして手足を靭やかに動かすことができます。

この6つのスポーツを、A足元の良い競技・B悪い競技に分けます。初心者の段階から、バランスを要求される競技か否か、とも言えます。

ーーー

A足元の良い競技

サッカー・ランニング・卓球

ーーー

B足元の悪い競技

スケート・スラックライン・BMX

ーーー

Aの足元の良い競技は、初心者の段階では特に高度なバランスは要求されず、誰でも楽しくプレーできます。万人受けする良い面もありますが、導入で何が基本かわからなくなるスポーツです。

その反面、Bの足元の悪い競技は、導入から体幹・バランス・重心に注力しなくては、そもそもプレーできません。早い段階で基本が明確になっています。

具体的に初心者は、スケート:歯の上に長く乗り体幹を維持する練習、BMX:ブレーキをしてバランスを保つ練習、スラックライン:ゴムの上で重心を取る練習をします。

全てのスポーツにおいて、最終的に行き着くところは体幹です。しかし、キャリアをスタートした時点で、上記の通りスポーツによっては(特に卓球)、体幹を重視しなくても競技できるものがあります。

その為か、卓球は上級者でも重心が定まらないケースが散見されます。

私の考える卓球の基本は、プレー中に体幹を決め、相手よりも長く、バランス良く床に立ち続けることです。

バランスを崩すと、猫背になり手が前方へ伸び、打球点が体から離れ、ボールを押す傾向になります。その為、上手くボールを擦れず、回転量不十分でオーバーミスが多発します。

以上のような観点から考えると、「卓球の基本とは何か?」の問いに答えられるかと思います。

卓球のみならず、全ての競技において体幹の維持が基本です。

今の実力は関係ありません。卓球で更なる向上を目指す方は、一度バランス系スポーツ・トレーニングをかじってみてはいかがでしょうか。正しい体幹の止め方を会得すれば、必ず卓球も上達します。

上達の近道は意外な所にあるかもしれません。

卓球場・卓球教室
卓球三昧高田馬場店
藤井貴文

コメントする

* が付いている項目は、必須項目です!

*

卓球三昧ブログ

ブログ

お急ぎの方はこちら

卓球三昧

最近の投稿

卓球三昧の特徴

・見学随時受付
・入会金無料
・年会費無料
・都度払いのチケット制
・教室にご参加の方は、教室終了後1時間無料で台を使用できます
(土日・夜間教室は30分)
・初めてでも、当日予約ですぐ練習可能
・お子様は大人の教室もご利用いただけます

インフォメーション

お問い合わせ・メール予約
info@takkyuzanmai.com

高田馬場店
営業時間:8:00~22:00
(朝8:00~10:00は前日22時迄要予約)

住所:東京都新宿区高田馬場4-12-11ノヴェル根岸地下1階
電話:070-4307-1000

池袋店
営業時間:8:00~22:00
(朝8:00~10:00は前日22時迄要予約)

住所:東京都豊島区池袋2-55-11 池袋ロイヤルビル7F
電話:070-5558-0070

(レッスン中でお電話がつながりにくい場合はメールもしくはこちらからお問い合わせください)

PR