スカイプ英会話始めました(´-`) | 『卓球三昧・卓球教室』 東京都 高田馬場・池袋の卓球場

スカイプ英会話始めました(´-`)

みなさんこんばんは!
高田馬場の大村です!

ここ数日は快晴で本当に暑いですね~
熱中症にならないように本当気をつけないとです。
そして夏も夏なので冷やし中華始めましたのノリで題名を書いてみました。
しかし昨日の藤井コーチのブログともろ被りでびっくりです!笑
まあ始めたのは藤井コーチからの勧めなので僕が単に真似しただけなんですが…

というのも、実は去年世界ベテランでコーチとしてスペインに行きましたが、次回の世界ベテランについてもまたオファーをいただきました。
そして次はアメリカ・ラスベガスなんです!
前回は多少スペイン語がわかるというのが僕を選んでくれた理由だったのですが、英語に関しては恥ずかしいほど話せないので、オファーをいただいたのは非常にうれしいのですが、プレッシャーが尋常ではありません。笑
会場ではスタッフのジャンパーを羽織っているので、参加者の方々からは英語の話せる一スタッフとして見られているんですよね。

それからもうひとつ。
香港に行った時もそうでしたが、旅行程度でしたら聞きたいことは言えるのですが、その答えが聞き取れないんですよね…
先日も卓球三昧の教室にアメリカ人の親子がいらっしゃいました。
子どもは12歳だと言うので、ちょっと英語の練習でもと思って話しかけたら

「◎△$♪×¥●&%#?!」

…………(´-`)←自分

もう何言ってるかまったくわかんなかったです。笑
なんていうか、アメリカ人の英語って発音が良すぎてまったくわからないんですよね。笑

以前2年ほど英語の教室に通っていて、そこは週に1回ですが1コマ3時間で、翌週までの宿題が多くて有名なところでした。
宿題をこなすのに毎週5、6時間はかかりました。
それくらいはやったので少しは文法も頭に入りましたし、少しは単語も覚えました。(もうだいぶ忘れましたが…)

がしかし、実際に会話をたくさんしたわけではないのでリスニングがまったくだめなんですよね。

そこで今回は英語教室ではなくスカイプ英会話でとにかく生の英語に触れようと思い始めてみました。

1日たった30分です。
始めてまだ1週間ですがちゃんと毎日続いています。
以前は宿題が多すぎて正直かなり負担だったのですが、30分だけなら1日の中で時間を作ることは容易ですし、集中力も続きます。

さすがは勉強の鬼藤井コーチのお勧めだけあって満足度高いです。
ちなみに僕は30分ですが、藤井鬼コーチは毎日2時間やっているそうです…
鉄人ですね…

54981442

まだ3.3時間。笑
10000時間までの道のりは長いです…

しかし継続は力なりを信じて長く楽しく続けていきたいと思います(´▽`)

ちなみに昨日から広島ではクラブ選手権が始まりました。
卓球三昧チームと流山アストロズ(大塚コーチ所属)は明日から試合です。
ご声援どうぞよろしくお願いします!

それでは今日はこのあたりで。
Good night Have a sweet dream!

大村拓己
卓球三昧高田馬場店

18人の方がこの記事に「いいね」と言っています。

コメント一覧

  1. 藤井 領一 より:

    下記にて英単語を短期間で長期記憶するコツを紹介致しましたが、同じ方法を使えば卓球の打球時のコントロール感覚をパターンが少なく整理された形で長期間記憶することができます。

    卓球では練習で相手コートに入った時の打球感覚をイメージを体と頭で覚えると、ラリーなどで瞬時にボールが相手から返って来る際に使える打球のコントロール感覚のベースになります。

    なぜなら、卓球の場合相手が打球してから自分が打つ迄に0.何秒という短い時間しかなく、軌道が変化する速いボールを目で追いながら打球しないといけないため、自分やボールの地理的な位置や打球時の反射角に合わせるラケット面の角度をゆっくり考えて合わしている余裕がないためです。

    相手が打球する様々なボールに対応するには、練習等で相手のボールの回転や速度別に打球感覚をいくつも覚える必要があります。

    しかし打球時にどれだけボールをよく見て打ったとしてもコースや打球位置をアバウトに認識しバラバラの打球点やスイングでやみくもに打球練習すると長時間練習した充実感と疲労感は残りますが、確実な認知情報がないためコントロールが良くなるエッセンスが体と頭に残りにくいと思います。

    打球点やスイングはできるだけ動かない明確なもの(卓球台におけるバウンド地点の位置)との一定の距離感とぶれない目線・姿勢をセットにして覚えた方が確実なエッセンスを覚えることになるため、将来コントロールが良くなる感覚として長期間残ります。

    練習では打球する際の確実な認知情報をできるだけシンプルに頭で整理して体で覚えることが大切です。

    上記は私見です。皆様の御参考になれば幸いです。

  2. 藤井 領一 より:

     「英語←→イメージ」で単語を覚えたい方は”Picture Dictionary”という単語と絵が対にたった本を眺められると良いかもしれません。

     何冊かあるので興味のある方はアマゾン等で検索して下さい。

     英単語を覚えるために読むというよりも暇な時に何か飲みながらソファーで本を眺めて気分転換をしながら自然に単語を覚える方が長続きすると思います。

  3. 藤井 領一 より:

    語学の様な暗記中心の勉強もスポーツも短期間で上達するコツは同じだと思います。

    何事も早くできれば良いという訳ではないので、少しずつ地道にやるのがお好きな方は何か1つの物事に10,000時間かけるとか、さらにライフワークにするのが生き甲斐というのも悪くないと思います。

    しかし仕事以外にも色々やらないといけない事が多い現代生活では、色々な事を短期間に次々要領よく覚えてこなしていかないと物事を捌ききれなくなったり、自由な時間をほとんど持てなくなります。

    勉強やスポーツなどの学び事を短期間で上達させるコツは何でしょうか?
    それは「イメージ化」と言われる手法です。

    私の知る限り、記憶のプロと呼ばれる人々やスポーツ、武道、囲碁・将棋、芸術等の一流の人達はほとんどがイメージを作ってやっています。

    達人とは具体的な技芸の細かい事柄をイメージや形で瞬時に考えられるレベル(境地)です。

    単純に単語を覚える場合、その単語からすぐに強く連想されるイメージや場所と紐付けて覚えれば、脳の中(記憶を司る海馬という領域)で「一時記憶」ではなく「短期記憶」や「長期記憶」として保存されます。

    イメージ化すれば早く覚えることができ、すぐに思い出せ、長期間経過しても忘れにくくなります。

    またイメージ化の良いところは、単なる覚え事の暗記で役に立つばかりでなく、良い演技のイメージを作って覚えることによりスポーツや芸術等の技芸の演技レベルを向上させる効果があります。

    一流の選手や演技者が素晴らしい演技をする前にイメージトレーニング(イメトレ)で良い演技のイメージを作って何度も反芻してから演技に入ることが多いのもそのためです。

    卓球の様なスポーツにおいても一流選手の試合を見たり自分の試合や練習の良いプレーを思い出して頭の中に良いプレーのイメージを作り、長期記憶することが早く持続的に上達するコツだと考えます。

    上記は私見です。皆様の御参考になれば幸いです。

コメントする

* が付いている項目は、必須項目です!

*

卓球三昧ブログ

ブログ

お急ぎの方はこちら

卓球三昧

最近の投稿

卓球三昧の特徴

・見学随時受付
・入会金無料
・年会費無料
・都度払いのチケット制
・教室にご参加の方は、教室終了後1時間無料で台を使用できます
(土日・夜間教室は30分)
・初めてでも、当日予約ですぐ練習可能
・お子様は大人の教室もご利用いただけます

インフォメーション

お問い合わせ・メール予約
info@takkyuzanmai.com

高田馬場店
営業時間:8:00~22:00
(朝8:00~10:00は前日22時迄要予約)

住所:東京都新宿区高田馬場4-12-11ノヴェル根岸地下1階
電話:070-4307-1000

池袋店
営業時間:8:00~22:00
(朝8:00~10:00は前日22時迄要予約)

住所:東京都豊島区池袋2-55-11 池袋ロイヤルビル7F
電話:070-5558-0070

(レッスン中でお電話がつながりにくい場合はメールもしくはこちらからお問い合わせください)

PR