ラバーの貼り替え | 『卓球三昧・卓球教室』 東京都 高田馬場・池袋の卓球場

ラバーの貼り替え

こんにちは(´▽`)
高田馬場の大村です。

今また少し雨が降ってきましたね~
今年の冬は雨が多いような気がします。

さて、以前生徒さんから要望を受けていたのでラバーの貼り替えの動画を撮りました。
卓球ショップでは買うとそこで貼ってもらえますが、セールの時などは2時間くらい待ったりすることもあるので、自分で貼れると便利です。
また動画の中でも少し言っていますが、慣れてくると自分なりの貼り方が身に付きます。
何回、どのくらい接着剤を塗るとか、切り方とか。

あとお店でお願いすると忙しい時などは回転率を上げるためにも急ぐのでしっかり貼れていなかったりすることもあったりなかったり…
自分で貼れば必ず丁寧に貼ると思うのでそういったことはなくなります。

今までも数人いたのですが、ラバーの真ん中あたり(よくボールが当たるところ)がちゃんとくっついていないと剥がれて浮いてくることがあります。
周りはくっついているので剥がれているようには見えないのですが、板とスポンジの間が少し浮いてる状態になります。
そうなるとちゃんと打っているのに弾まないのでボトボト落ちてしまいます。
飛び方がおかしいなと思ったらラバーの接着を疑うのもひとつです。

貼る時の大事なポイントは
・接着剤をケチらない
・しっかり乾かす
・最後にぎゅっと押す
というところです。

細かい部分は動画の中で説明しています^^

僕が大学生の頃はラバーをより弾ませるための接着剤がありました。
それを塗るとスポンジが膨張してラバーに厚みが増すので、弾みがすごくなるんですね。
その頃はこの接着剤を使っていない選手はいませんでした。
むしろ使わないと使っている選手に打ち負けてしまうんですね。

そしてその接着剤は毎回練習前に塗るんです。
そう、毎回!
学生は毎日練習しますし、休日は午前午後練習です。
そのたびにラバーをはがして貼り直すんですね。
今思えばとんでもない手間ですが、そうしないと練習になりませんでした。

当然試合前にも塗るので、試合会場には必ずラバー貼り替え所がありました。

でもその接着剤はシンナー系の溶剤だったので規制が入り使用禁止になりました。
卓球選手が遠征で飛行機に乗る時にも持っていくので、空港でも持ち込んではいけないものリストの中にその接着剤が入っていたほどです。笑

その経験を経ているのでラバーの貼り替え(貼り直し)は今まで何千回とやったと思います。
中学~大学までは10年間ほとんど休みなく練習がありましたから。笑

そんなことを懐かしく思い出しながら撮ってみました(´▽`)

ではでは今日はこのあたりで。

大村
卓球三昧

コメントする

三昧ブログ

卓球三昧

卓球三昧YOUTUBEチャンネル

店舗チャンネル↓ 卓球三昧 コーチ有志によるチャンネル↓ 卓球三昧

卓球三昧公式SNS

Twitter↓ 卓球三昧 instagram↓ 卓球三昧

最近の投稿

卓球三昧の特徴

・見学随時受付(予約不要)
・ジュニア教室無料体験可能(予約不要)
・入会金無料
・年会費無料
・都度払いのチケット制
・教室にご参加の方は、教室終了後45分無料で台を使用できます
(土日・夜間教室は30分)
・初めてでも、当日予約ですぐ練習可能
・小学生以上のお子様は大人の教室もご利用いただけます

インフォメーション

お問い合わせ・メール予約
info@takkyuzanmai.com

高田馬場店
営業時間:8:00~22:00
(朝8:00~10:00は前日22時迄要予約)
住所:東京都新宿区高田馬場4-12-11ノヴェル根岸地下1階
電話:070-4307-1000

池袋店
営業時間:8:00~22:00
(朝8:00~10:00は前日22時迄要予約)
住所:東京都豊島区池袋2-55-11 池袋ロイヤルビル7F
電話:070-5558-0070

(レッスン中でお電話がつながりにくい場合はメールもしくはこちらからお問い合わせください)

PR