グリップについて | 『卓球三昧・卓球教室』 東京都 高田馬場・池袋の卓球場

グリップについて

みなさんこんにちは!
12月には試合&雪山登山を控えているので、体力作りに先日プールに久しぶりに行ったところ全身筋肉痛で辛い大村です。

さて今日はグリップの話をしたいと思います。
コーチの中にはグリップのことはあまり細かく言わないコーチもいるとは思いますが、僕はわりと細かく言う方です。
なぜかと言うと、卓球は打球感と言われる感覚の部分がかなり大きくプレイに影響してきますが、グリップの握り方次第でこの打球感がかなり変わってきます。
また、指導をしていく中でグリップが僕と大きく違うと、この打球感が伝わりづらくなってくるからです。

ただしひとつ注意点ですが、手の大きさや形、腕の長さなどはもちろん個人差がありますので、やっていくなかで最適な握り方は人それぞれ見つけていただければいいと思います。
このブログの中ではあくまでも
”僕の思う最適な握り方や一般的で万人に合いそうな握り方の話と、打球時によくある間違えた(あまり効率的でない)握り替えの話”
をしたいと思います。
※今日はシェイクの握り方の話です。ペンの話はまた機会があれば。

それではまず基本中の基本の握り方ですが、シェイクハンドと言われるくらいなのでシェイクは握手をするように握ります。
この時に大事なことは”ラケットのヘリ”が”親指と人差し指の股のちょうど真ん中”にあることです。
IMG_9558

これに対してヘリが親指側に寄っている状態をフォアハンドグリップ
IMG_9564

ヘリが人差し指側に寄っている状態をバックハンドグリップ
IMG_9567

と言います。
フォアハンドグリップの時はフォアにかぶせやすく、バックハンドグリップの時はバックにかぶせやすくなるのでそれぞれ打球しやすくなります。

が、ここで問題なのでこれをやりすぎる方が多いことです。
自分も含めほとんどの選手は打球時に微妙にグリップは変えています(上記と同じ方向にです)が、多くて数ミリのずれに収まっています。
写真は分かりやすく大きくずらしましたが、これくらい変えてしまうのはやり過ぎです。
あまり大きくずらしてしまうと逆に飛んできたボールに対して咄嗟に切り返しが間に合わなくなってしまうので要注意です。
また上記のフォアハンドグリップに偏り過ぎていると人差し指が真ん中によってきやすいです。
IMG_9543
こうなるとバックの時に指に当たりやすくなるので、人差し指は常に写真の赤線の場所に置いておきます。

またグリップの時にどこに力を入れていますか?という質問をよく受けますが、これに対する答えは人による+打球方法によって違うのでなんとも言いきれません。
親指と人差し指で持っている選手が多いと思います。
僕はフォアを使う時は親指と中指で円を作って持っています。(けっこう珍しい方です)

そしてバックの時は小指と薬指でもちます。
小指と薬指で持つとラケットの先端の回り方が大きくなるのでバックドライブやチキータをするときにやりやすくなります。
IMG_9569

それから意外と多いのがフォアのつっつきの時にグリップを変えてしまう人です。
フォア面を上に向けるためにグリップを浅くしてしまうんですね。
そうすると中指薬指小指の3本がいつもよりかからなくなります。
IMG_9540

このもち方をしてしまうと
IMG_9546

この写真の部分に空洞が出来てしまうのでラケットがぐらつきやすくなり、力加減がぶれてミスになりやすくなります。
サーブを出す時意外はグリップを大きく変えるのはなるべくよした方が無難です。

ということでちょっと長くなりましたが、グリップの仕方次第でプレーは大きく変わるものなので少し意識してみてください^^
機会があればサーブのグリップやペンのグリップ編をやりたいと思います。

それでは今日はこのあたりで

卓球場・卓球教室
卓球三昧高田馬場店
大村拓己

22人の方がこの記事に「いいね」と言っています。

コメント一覧

  1. 篠塚 より:

    大変参考になりました。続編も期待しております。

コメントする

* が付いている項目は、必須項目です!

*

卓球三昧ブログ

ブログ

お急ぎの方はこちら

卓球三昧

最近の投稿

卓球三昧の特徴

・見学随時受付
・入会金無料
・年会費無料
・都度払いのチケット制
・教室にご参加の方は、教室終了後1時間無料で台を使用できます
(土日・夜間教室は30分)
・初めてでも、当日予約ですぐ練習可能
・お子様は大人の教室もご利用いただけます

インフォメーション

お問い合わせ・メール予約
info@takkyuzanmai.com

高田馬場店
営業時間:8:00~22:00
(朝8:00~10:00は前日22時迄要予約)

住所:東京都新宿区高田馬場4-12-11ノヴェル根岸地下1階
電話:070-4307-1000

池袋店
営業時間:8:00~22:00
(朝8:00~10:00は前日22時迄要予約)

住所:東京都豊島区池袋2-55-11 池袋ロイヤルビル7F
電話:070-5558-0070

(レッスン中でお電話がつながりにくい場合はメールもしくはこちらからお問い合わせください)

PR