最近の趣味とカット打ち! | 『卓球三昧・卓球教室』 東京都 高田馬場・池袋の卓球場

最近の趣味とカット打ち!

みなさんこんばんは!

高田馬場店の深山です^_^

厳しい寒さが続いていますが皆さん体調は崩されていないですか?

三連休にもまた強い寒波が訪れるそうなので皆さんお気をつけて^_^

寒さが苦手な僕はというと最近四、五年ぶりにゲームを買いました!!

先日大村さんと藤井さんが雪山に登ったブログをあげていましたが、僕は寒さに立ち向かえないのでゲームしながら隠居してます( ´ ▽ ` )笑

名前の通りモンスターを狩るゲームなんですけど一緒に狩りに行ってくれる人募集中です!

よろしくお願いします( ̄∇ ̄)ハハハ

話は変わりまして今日はカット打ちの動画になります。

カットマンの方に対してスマッシュはかなり有効な技術なので攻める時にスマッシュが打てるとかなり嫌がられると思います。

コツはというと

1、チャンスが来るまではひたすら粘る。

強打しなくていい。

2、浮いたボール浅いボールを狙っていきますが、大事なのはその時自分の姿勢がととのっている事。姿勢が悪い時に打ちにいくとチャンスボールだとしてもミスしてしまいます。

しっかり見極めて打てる時に打ちましょう!!

では今日はこのへんで!

失礼しますm(._.)m

卓球場・卓球教室の

卓球三昧 高田馬場店 深山昂平

23人の方がこの記事に「いいね」と言っています。

コメント一覧

  1. 藤井 領一 より:

    カット打ち(カット対策)を補足させていただきます。

    さほど切れていない山なりの後陣カットに対しては深山コーチの本動画の様にあせらず強打できるボールを待って甘いボールをスマッシュ狙っていけば良いと思います。

    しかし、試合で強いカットマンに当たり、前寄りから速く低い軌道の切れたカットをビシビシ打ち込まれ、強打してもしなくても返せない(持ち上がらない)、ミドルやバックへ来たボールは動けないので仕方なくツッツキをするとミスになるという経験は誰しもおありかと思います。

    この様な場合、どのように対応(カット対策)すれば良いのでしょうか?

    ◾️良い対応
     
     打ち返せないほどカットが切れている場合は、柔らかく手首を使って持ち上げる感じで緩くつなぐ様に返します。(カットに力で対抗しようとせず、緩いナックルドライブでつなぐイメージ)
     前陣からの速いカットは回り込んでドライブする時間的余裕がないため、両ハンドで対応します。
     ツッツキで返す場合はラケット面の角度を合わせて柔らかく少し持ち上げる様に返すと返しやすい。

    ◾️良くない対応
     ・ドライブ強打
      速く低い軌道の切れたカットをドライブ強打するとミスが多くなります。
      仮に返球できたとしても、打球の強い回転と速度を相手に利用され、さらに切れたカットで返されます。
      ドライブする場合は、確実に入れていく意識で軽く返球した方が良い。(強打しない方が良い)

     ・スマッシュ
      速く低い軌道の切れたカットをスマッシュするとミスがとても多くなります。(強打しない方が良い)

     ・強いツッツキ
      速く低い軌道の切れたカットを強いツッツキするとミスが多くなります。 
      弱いツッツキはネットミスが多くなり逆に強くツッツキ過ぎるとオーバーミス多くなり、力加減が難しい。

    〜まとめ〜
     カット打ちは強く打ち返そうと行き過ぎるとミスが多くなり、自滅しやすい。
     相手(カット側)にボールの力を利用されないようナックルまたは軽いドライブでつなぐのが良い。
     あせらず落ち着いて相手のミスを待ち、浮いた浅いチャンスボールを待って厳しいコースへ強打します。
     ナックル性の弱いボールはカットし(切り)にくいため、カット側がしびれを切らして攻撃してきたところを
    カウンターを狙ったり、打ち合いのラリーへ誘導すれば戦いやすくなります。

     上記のカット打ち(対策)の基本に過ぎません。
     様々な前提条件の違いにより対応が異なります。実際にご自身にて検証・確認されることをお勧め致します。

    上記は私見です。皆様の上達のヒントになれば幸いです。 
    藤井 領一

  2. 藤井 領一 より:

    カット打ちの動画につき補足させていただきます。
    動画の様に後ろに下がって山なりの軌道でカットを入れに行くと、浮いた浅いボールを上から強く打たれます。

    ◾️良いカットのコツ
    ・体の力を抜き、常に自然体の整った姿勢でプレーする。(足を開いたり膝を曲げたり前傾し過ぎの姿勢はNG)
    ・左右に来たボールはポジションと姿勢を崩さない様最小限の動きでラケットワークで処理し元の位置に戻る。
    ・できるだけ前の中央に立ち、コンパクトなスイングでカットする。  
    (相手のボールを利用し切れた強いカットを返しやすい、守備範囲が狭くなる、相手の時間的余裕を奪うため)
    ・ラケットのスイートスポットから打ち出される様に打球する。(打球時のラバー上の滑りを考慮して当てる)
    ・ミスしない範囲で低い軌道の切れたカットを相手の苦手なコースへ返す。 
    ・自分で無理に強く切ろうとせず相手のボールを利用する意識で回転に変化をつけてカット打ちのミスを誘う。
    ・軽くつないで来たボールは軽くカットでつなぎ返し、相手が強打するのを待って強いカットの返し技を狙う。

    上記は私見です。皆様の上達のヒントになれば幸いです。
    藤井 領一

  3. 藤井 領一 より:

    深山さん、ご無沙汰しています。お元気でお過ごしでしょうか。

    つなぎとスマッシュを使ったカットマン対策の優れた動画をアップしていただきありがとうございます。

    双方の視点から見た方が皆さんの理解が深まると思われるますので、下記にカットマン側の逆対策/狙いを
    矢印(→)にて補足致します。

    >カットマンの方に対してスマッシュはかなり有効な技術なので攻める時にスマッシュが打てるとかなり嫌がら
    >れると思います。
    →台から離れた後陣カットの場合守備範囲が広くなるため、スマッシュを打たれると返しにくい(早い打点で広角に打たれて左右に大きく振られると返せない)と思います。
    →スマッシュは打つ方もミスするリスクがあるため、正直一番嫌なのはナックル性のドライブで緩くつながれる事です。弱いボールはカット側で相手ボールの速度や回転を利用しにくいため切りにくいし、同じ理由で攻撃もやりにくからです。

    >コツはというと

    >1、チャンスが来るまではひたすら粘る。

    >強打しなくていい。
    →相手が強打せずに緩くつないできたら、こちらも軽くカットでつないで返します。 
     弱いボールは切りにくいので無理に強く切らずに確実に返球します。根負けせずに粘って相手に打たせます。

    >2、浮いたボール浅いボールを狙っていきますが、大事なのはその時自分の姿勢がととのっている事。姿勢が悪>い時に打ちにいくとチャンスボールだとしてもミスしてしまいます。
    >しっかり見極めて打てる時に打ちましょう!!
    →相手のスマッシュやドライブ強打は回転や摩擦の関係で切りやすい。相手の強打は強めにカットし、相手に打ちにくい(低く深い切れた)ボールを打たせて相手のミスを誘います。 
    →できるだけ前で守備範囲を狭くし相手のボールを利用する意識で相手の強打を待って強いカットを狙います。
     
    →特に粒高カットは相手の力を利用する返し技なので、相手が技(強打)をかけてきた瞬間がチャンスです。
     
    上記は私見です。皆様の上達のヒントになれば幸いです。

    藤井 領一

コメントする

* が付いている項目は、必須項目です!

*

卓球三昧ブログ

ブログ

お急ぎの方はこちら

卓球三昧

最近の投稿

卓球三昧の特徴

・見学随時受付
・入会金無料
・年会費無料
・都度払いのチケット制
・教室にご参加の方は、教室終了後1時間無料で台を使用できます
(土日・夜間教室は30分)
・初めてでも、当日予約ですぐ練習可能
・お子様は大人の教室もご利用いただけます

インフォメーション

お問い合わせ・メール予約
info@takkyuzanmai.com

高田馬場店
営業時間:8:00~22:00
(朝8:00~10:00は前日22時迄要予約)

住所:東京都新宿区高田馬場4-12-11ノヴェル根岸地下1階
電話:070-4307-1000

池袋店
営業時間:8:00~22:00
(朝8:00~10:00は前日22時迄要予約)

住所:東京都豊島区池袋2-55-11 池袋ロイヤルビル7F
電話:070-5558-0070

(レッスン中でお電話がつながりにくい場合はメールもしくはこちらからお問い合わせください)

PR