初心者と上級者のサーブについて | 『卓球三昧・卓球教室』 東京都 高田馬場・池袋の卓球場

初心者と上級者のサーブについて

みなさんこんにちは!

割とやる気で東京マラソン申し込んだのですが落選して落ち込んでいる大村です。


でも東京マラソンに向けて少しランニングを再開したので、1月あたりにどこかのハーフマラソンに出ようかと思ってます(´-`)
さて、レッスンの要望で多いサーブレシーブですが、実際このサーブレシーブに時間を割いている人は残念ながらほとんどいません。

試合で勝てない原因の半分くらい(場合によっては8割がた)はサーブレシーブですよね。でもここにたくさん時間をかける人はいないという矛盾。逆にいうと勝てる人はそれなりの時間をサーブやレシーブに割いているはずです。実際僕を含めコーチたちはおそらく今まで何万球じゃきかないくらいのサーブ練習はしていると思います。

でも大事なのはわかるけどなにをすればいいかわからないという方は多いと思います。

ということで今日は簡単にサーブの話をします。

まず知っておくべき前提として、いいサーブの条件とサーブを出すときに考えるべきことを上げておきます。

<いいサーブの条件>

・低い

・短い

・回転量が多い

・回転がわかりにくい

・速い(ロングサーブの場合)

※上から順に大事です

<考えるべきこと>

・相手にレシーブで打たれない

・3球目で攻撃がしやすいレシーブをさせる

・あわよくばサービスエース

この条件と考えるべきことはある一定のレベルを超えて、そしてそこからレベルが上がれば上がるほど重要度は増すと思います。

ある一定のレベルと書きましたがそれはフリックとドライブを難なく出来るか出来ないかを基準に考えていいかと思います。

フリックやドライブをある程度操れる相手の場合は回転量が多くても高ければ払えるし、長ければドライブが出来るため先手を取られやすくなります。
ですが逆に初心者(フリックやドライブが安定していない方)の場合は上記の条件の順番が変わります。

<いいサーブ>

・回転量が多い

・回転がわかりにくい

・速い(ロングサーブの場合)

<考えるべきこと>

・あわよくばサービスエース

・相手に打たれない≒3球目で攻撃

と、ほとんど逆になります。

皆さんも経験があると思いますが最初のうちはとにかく回転がかかってそうなボールは怖いですよね。そして適切な取り方がわからない、もしくは判断が間に合わないのでうまく取れません。

これは極端な言い方ですが初心者同士の戦いなら回転量さえ多ければどこに出しても点数は取れるかと思います。

なので手っ取り早く試合に勝ちたいのであればとにかく回転のかかったサーブを覚えるといいです。

ただ最初に書きましたがそれだけではある一定のレベルを超えるとまったく勝てなくなるので要注意です。長いスパンで卓球をやるのであれば最初の条件は必ず押さえておいてください。

ちょっと長くなったので回転量を多くする方法についてはまた次回で(´-`)
それでは今日はこの辺りで。
大村拓己

卓球三昧高田馬場店

21人の方がこの記事に「いいね」と言っています。

コメントする

* が付いている項目は、必須項目です!

*

卓球三昧ブログ

ブログ

お急ぎの方はこちら

卓球三昧

最近の投稿

卓球三昧の特徴

・見学随時受付
・入会金無料
・年会費無料
・都度払いのチケット制
・教室にご参加の方は、教室終了後1時間無料で台を使用できます
(土日・夜間教室は30分)
・初めてでも、当日予約ですぐ練習可能
・お子様は大人の教室もご利用いただけます

インフォメーション

お問い合わせ・メール予約
info@takkyuzanmai.com

高田馬場店
営業時間:8:00~22:00
(朝8:00~10:00は前日22時迄要予約)

住所:東京都新宿区高田馬場4-12-11ノヴェル根岸地下1階
電話:070-4307-1000

池袋店
営業時間:8:00~22:00
(朝8:00~10:00は前日22時迄要予約)

住所:東京都豊島区池袋2-55-11 池袋ロイヤルビル7F
電話:070-5558-0070

(レッスン中でお電話がつながりにくい場合はメールもしくはこちらからお問い合わせください)

PR